室内設備やサービスが充実していることが高級賃貸の魅力

MENU

仮滞在に適した賃貸物件

模型

選べる物件が多い地域

マンスリーマンションは旧来の賃貸住宅と異なり、定住を基本をしない新たな賃貸契約の形です。一般的な賃貸住宅は2年ごとに契約が更新されますが、マンスリーマンションは1年未満の期日で利用されることが多くなっています。ホテルと賃貸マンションの中間ともいえる滞在スタイルで、長期出張や単身赴任するビジネスマンに重宝されています。外観や内装は通常のマンションと変わらず、食事の準備や洗濯は入居者自ら行うことになります。ビジネスホテルのような手厚いサービスはないものの、費用を抑えた滞在が可能になっているのです。通常の賃貸物件を借りる際に必要になる敷金、礼金が不要なことも滞在費用の節約に繋がっています。東京にも多数のマンスリーマンションがあります。特に東京23区内は企業が集中しており、利便性が高いため人気の立地です。東京においてはほとんどのマンスリーマンションは駅から徒歩圏内にあるので、移動手段で困ることはまずありません。出張先に合わせた最寄り駅を選ぶことができます。ひとつ注意しておかなければならないのは、マンスリーマンションは入居前に実際の部屋を見ることが難しいということです。東京に行く前にマンスリーマンションの契約を済ませておかなければ、上京してきた際に滞在する場所が確保できないことになります。このような事情から運営会社とのやり取りもメールやFAXが中心となります。不明点は契約前に積極的に確認しておくようにしましょう。

人気記事

ライフスタイルに合わせる

婦人

賃貸住宅で生活することを選ぶメリットは住み替えのしやすさです。家族構成の変化やライフスタイルの変化に応じて適切な住宅を選んでいけるのは賃貸生活の魅力であり、マイホーム生活に比べても選ばれるようになってきています。

駅から徒歩圏内で選ぶ

レディ

アクセスにこだわって、横浜駅周辺で賃貸マンションを探すのがブームですが、新社会人に適しているのは賃料5万円台の物件です。共働きの新婚カップルは収入も多いために、キッチンなどの設備のグレードが高い、分譲タイプの賃貸マンションが手ごろです。

住み替え簡単なマンション

マンション

マンスリーマンションは月単位で利用できるマンションです。家具や家電などが備え付けになっている物件が多く、引越し時の初期費用を節約することができます。東京などの都市部においては、長期出張や単身赴任の際の生活拠点としてよく利用されています。